2017年05月08日

3月 東北屈指の古陶磁、会津本郷焼


仏都発祥の歴史エリア。
会津美里町の窯郷を訪ねて。

2017年3月某日

16美里町風景13s.jpg19美里町風景10s.jpg11美里町風景02s.jpg
12美里町風景03s.jpg15美里町風景07s.jpg13美里町風景04s.jpg

 会津は平安時代、磐梯山の裾に庵を構えた徳一大師による仏教文化が花開いた地で、“日本五大仏都”のひとつだ。中でも会津若松市の東、その名の通り豊かな森と阿賀川がもたらす肥沃な丘陵が広がる会津美里町は、会津誕生の起源である「伊佐須美(いさすみ)神社」をはじめ、歴史を物語る時代遺構や仏像が数多く残されている。
 江戸と会津を結ぶ下野街道の街道筋として栄えた会津美里町は、東北最古の窯場で、全国的にも珍しく陶器と磁器が共に作られた会津本郷エリアと、由緒ある寺社仏閣が点在する会津高田エリアに分かれ、本郷には今なお14軒の窯元がある。
 蒲生氏郷が1593(文禄2)年、若松城(鶴ヶ城)の城郭修理の屋根瓦を焼かせたことに始まる“会津本郷焼”は、1647(正保4)年、保科正之が尾張国(愛知県)瀬戸から招いた陶工、水野源左衛門によって村内に陶土が発見され製造が本格化。一方、磁器は1,800年、命懸けで有田(佐賀県)に潜入した佐藤伊兵衛によって、会津の冬に耐える堅牢な赤瓦が開発された。以来、会津本郷は藩用窯となり、水野源左衛門と佐藤伊兵衛は陶祖、磁祖とされている。
 窯元は町のメインストリートである“せとまち通り”周辺に集中。工房巡りにはレンタサイクルもあるが、時間があるならぜひ町並みを歩いて回るのがおすすめだ。辻を入れば、そこには入り組んだ路地が張り巡らされ、磁器の石膏型が並ぶ工房を縫うように阿賀川から引水した水路が風情ある景色を奏でている。道沿いの土蔵は、会津の凍てつく冬の寒さから陶工を守る細工場の名残。暗い室内でも手元に明かりが届くよう、窓が低い位置に設けられているのだという。

34常勝寺01s.jpg29宗像窯09s.jpg22宗像窯03s.jpg27宗像窯02にしん鉢s.jpg
30登り窯04五地蔵s.jpg31登り窯02s.jpg33美里町眺望02s.jpg

火の神との対話に生まれる
伝統美を護る名窯、宗像窯。

 1719(享保4)年の創窯で、東北最古の登り窯を持つ「宗像(むなかた)窯」は、せとまち通りを少し入った奥、陶祖と磁祖が祀られた常勝寺の手前にある。窯では地元で採れる“的場陶土(まとばとうど)”に伝統の飴釉や白釉を使い、素焼きをせず直接生地に釉薬掛けする“生掛け”という技法で今も作品を作り続けている。美しい紫色に発色した白釉の奥行ある色合いと、手に馴染む程よい量感は風土と共鳴する情感に溢れている。現当主の宗像利浩さんは8代目。伺えばご先祖は福岡県宗像大社の神官で、布教の傍らこの地で窯を始めたのが由来だという。そんなご当主から「陶芸は火の神様との対話です」とお話を伺えば、なんとも深い。
 ところで、宗像窯で忘れてはならないのが「鰊鉢(にしんばち)」だ。会津の郷土料理で保存食である“鰊の山椒漬け”のために作られた箱型の素朴な飴釉鉢は、1958(昭和33)年のブリュッセル万国博覧会で見事グランプリを受賞し、会津本郷焼の名を一躍世界に知らしめた。5枚の板を貼り合わせる伝統の“たたら技法”で作られる鰊鉢は、現在はこの宗像窯のみ。“ろくろ”が神聖視された時代、鰊鉢の作陶は女性の仕事とされ、窯では今なお奥様の眞理子さんがこれを受け継いでいる。
 「登り窯もどうぞ、ご覧になってください」と促され、工房の裏手、“五地蔵”が迎える観音山を少し登った先にある登り窯へ。江戸中期の築造とされる窯は幅約5m、奥行約20m。先の大震災で一部倒壊したものの、2003(平成15)年、有志の尽力で復興し、今も数年に一度、神事としての焼成が行われてる。そこから更に坂道を登った高台からは、遠く雪をいただく山並みを背景に、明治から大正初期にかけ東北の陶産地として栄えた本郷の町並みが、今はただ静かで美しい早春に包まれていた。

53流紋焼17s.jpg42流紋焼10s.jpg45流紋焼14s.jpg46流紋焼11s.jpg
47流紋焼12碍子s.jpg38流紋焼01s.jpg41流紋焼07s.jpg50流紋焼05s.jpg

本郷最大の窯元愉しむ、
大人の工場見学。

 続いて向かった「流紋(りゅうもん)焼」は、陶器と磁器の双方を作陶している大手窯元。この窯では工房内を順路に沿って巡る工場見学ができる。個人客なら予約は不要だ。実はここ、私のようなマニアにはたまらない国内屈指の“碍子(がいし)”の製陶窯(笑)!碍子は電線を支柱等に固定する磁器製の絶縁体だ。流紋焼はもともとこの碍子製陶から始まった窯で、今もなお高い技術による多彩な形状の碍子を作り続けている。
 広い工房内は焼成を待つ作品がズラリと並ぶ圧巻のスケール。黙々と作業する職人たちの手元を興味深く見て進んだ先に…あった!玉碍子だ!(笑)。ちょうど“磨き”の工程だろうか。大きな機械の姿もある作業場で、一つひとつ両手で愛おしむように仕上げられるその姿に思わず感動(笑)!
 工房には物販コーナーもあり、芸術的なオブジェから工房直売のお得な生活雑器まで豊富な商品が揃う。ちなみに“流紋”の名は、器に施した釉薬が高熱の窯の中で溶け流れてできる姿に由来。大手とはいえ、すべての作品はそれぞれ表情が異なる一点もの。直に手にとり、自分との相性をじっくり吟味するだけでも、時を忘れる楽しさに会える。

68富三窯19s.jpg56富三窯03s.jpg59富三窯10s.jpg55富三窯02s.jpg
63富三窯14s.jpg65富三窯16大久保陶石s.jpg80樹ノ音工房13s.jpg73樹ノ音工房03s.jpg
70樹ノ音工房11s.jpg74樹ノ音工房06s.jpg75樹ノ音工房08s.jpg82会津美里町インフォメーションセンターs.jpg82本郷焼資料館01s.jpg85本郷焼資料館06s.jpg89いわたて01s.jpg

こだわりの手仕事が放つ
個性と感性に出会う喜び。

 “椿の富三”と呼ばれる鮮烈な赤い椿の絵柄で愛される「富三(とみぞう)窯」も、明治初期から続く由緒ある窯元だ。入口に磁器の材料である“大久保陶石”が飾られたギャラリーは、販売をはじめ、歴代陶工の作品を展示する資料館も兼ねている。ここは会津磁器の伝統である急須などの袋物(ふくろもの)でも人気だ。ご案内くださった当主のご母堂らしき方のお話によれば、ここは急須の“茶こし”を発案した窯とのこと。展示物の中にはなるほど、古い陶片も見てとれる。陶工の腕を感じる器の軽さ、遊び心の中にも気品に満ちた富三窯の繊細な絵付けは、女性ならずとも心惹かれる美しさだ。
 そこから程近くにある「樹ノ音(きのおと)工房」は、若き夫婦陶工が2001年に創窯した窯元。古い日本家屋をリノベーションした工房内には、白く柔らかな肌合いの粉引きをはじめ、器の表裏に同じ模様が浮き出る伝統技法の“練り込み”など、愛着を誘う新旧モダンな作品が並ぶ。伺えばすぐ近くには、週末だけ営業する直営のカフェギャラリーもあり、作品での珈琲やランチが楽しめるのだという。
 最後に立ち寄った「会津本郷焼展示資料室」は、無料駐車場のある「会津美里町インフォメーションセンター」の2Fにある。ここには町有形文化財の“鬼瓦”をはじめ、会津本郷焼にまつわる貴重な資料が各時代の陶磁器とともに展示されている。隣接してある「窯の美里いわたて」は地域の特産品の他、エリア内に点在する窯元の作品を一堂に集めた物産館だ。工房巡りの前に、好みの作風の窯を探す参考にしてはいかがだろうか。

96瀧の湯客室s.jpg97瀧の湯部屋眺望s.jpg98瀧の湯瀧見の湯s.jpg
100瀧の湯開花亭個室s.jpg101瀧の湯夕食s.jpg102瀧の湯夕食s.jpg104瀧の湯夕食s.jpg
106瀧の湯pjm s.jpg108瀧の湯天寧の湯s.jpg109瀧の湯朝食s.jpg110瀧の湯朝食納豆もちs.jpg

名残の冬と遊ぶ湯里で、
花の面影を探しながら。

 瀧の湯には少々遅めのチェックイン。今夜の部屋は、冷めやらぬアート気分を押し上げる低層ベッドのモダンな和洋室だ。早速、露天風呂「瀧見の湯」に繰り出せば、夕闇の照明にひと足早い春の花舞台よろしく、ヒラヒラと小雪が狭間の季節を教えてくれる。
 今日の晩酌はプライベート感たっぷりの個室で、早春の会席料理を会津高田の梅酒で乾杯。すすめ上手なスタッフの口上で食後はラウンジに移動し、「花心殿」のプロジェクションマッピングを初鑑賞。闇夜に浮かび上がる能舞台と竹林に投影された会津の四季絵巻は、ダイナミックで幻想的なアトラクションだった。
 貸切風呂と呼ぶには広すぎる「天寧の湯」(詳細はこちらのブログを参照)から見える景色も、今はまだ一面の水墨画だ。明かりを落とし連れと二人で絵画のような、その静寂の世界に酔いしれる。
 深い眠りを得た翌朝。地野菜のみずみずしさと、名物の搗きたて餅にまた力を得て、再び早春の会津路へと出発。

03伊佐須美神社03s.jpg02伊佐須美神社02s.jpg05伊佐須美神社05薄墨桜s.jpg
04伊佐須美神社04s.jpg07伊佐須美内菅原神社02s.jpg06伊佐須美神社御朱印s.jpg

試練を超えて佇む古桜に、
命の春を想う古社参詣。

 “会津”の地名は一説では神話時代、大彦命(おおひこのみこと)とその子、建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)が諸国平定の任を終え、この地で合流したことに因むという。「伊佐須美神社」は、この出会いを記念し、国生みと神生みを行った男神の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と女神の伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀ったことから会津文化発祥の地とされる。
 岩代国一ノ宮の「伊佐須美神社」の格式は東北有数。社の周囲には10万株のあやめが咲き誇る「あやめ苑」や桜名所の河川敷公園もあり、人々の憩いの場となっている。
 久々に訪れた社は驚いたことに2008(平成20)年の火事により、本殿をはじめ神楽殿、神饌所が焼失。現在は仮社殿となっていた。全焼を免れた“会津五桜”のひとつ、境内の“薄墨桜(うすずみざくら)”の春を待つ一途な蕾が、一層胸を打つ。
 一日も早い復興を願い参詣を済ませ、社務所に目当ての御朱印を所望。その気さくなお人柄でも慕われる神主さんによる伊佐須美神社の御朱印は、絵文字のようなユニークさでも知られている。境内の一角には学業成就の「菅原神社」の姿も見え、時節柄、びっしりと壁を埋め尽くす真新しい絵馬が人々の祈りを受け止めていた。

95丸長本店07s.jpg92丸長本店05s.jpg93丸長本店06s.jpg94丸長本店02s.jpg

 ところで会津は熊本、長野と並ぶ日本三大馬刺し産地だ。地元名物を求め昼に向かった「肉の丸長本店」は、知る人ぞ知る珍しい“桜ホルモン”の名店!精肉屋が営む店は、希少部位が手軽に楽しめるとあって地元の常連も多い。
 早速、「丸長セット」(950円/ラーメン+選べるミニ丼)と、「桜ホルモン定食」(1000円)を注文すれば、料理が運ばれるやいなや「まずは生で!そのあと軽く炙ってみて」と、自信満々の店主の食指南(笑)。ホルモンを生で?!と、恐る恐る箸を伸ばせば、これが想像以上に柔らかく甘い!もちろん、臭みもゼロ。教わったとおり卓上のロースターで少し炙れば、今度はホルモンのあのプリプリ感が楽しめる!特製の辛味噌と甘ダレでいただく会津流スタイルも、あとを引く絶品だ。ちなみに馬は牛や豚に比べて保菌リスクが低く、国が定めた衛生基準をクリアしていれば生肉での提供ができる。その点、精肉店を営む丸長本店の鮮度と腕は太鼓判!自家製麺のラーメンも、とろける肉厚チャーシューとともに、手を抜かない店のこだわりを感じる美味だった(笑)。
 陶磁器からB級グルメまで(笑)。思えば会津は昔から“人づくり、モノづくり”に熱心な土地柄だ。人がモノを極め、できたモノがまた人を極め上げる。そのせめぎあいによって400年に渡り高みを目指してきた会津本郷焼は、ひと括りにできない奔放な個性こそが、真の魅力だと言える。この地に本格的な桜の季節が訪れる頃、次は仏都のもうひとつの源流である高田地区に、再び会津の心を訪ねてみたい。






【東北屈指の古陶磁、会津本郷焼 詳細】

美里町本郷マップ.jpg
↓会津美里町本郷エリア 街歩きMAPはこちら
会津美里町本郷エリアまちあるきMAP.jpg

■会津美里町
2005年に会津高田町、会津本郷町、新鶴村が合併して誕生。会津盆地の南西部に位置したエリア。高田梅などの農産物や東北最古の焼物として知られる会津本郷焼、“会津”発祥の起源に由来する伊佐須美神社や野口英世博士ゆかりの中田観音などの由緒ある神社仏閣、天海大僧正に関わる史跡などがあり、古い歴史と美しい自然に恵まれている。

■会津本郷焼
会津美里町周辺を産地とする陶磁器。陶器は1593(文禄2)年、藩主蒲生氏郷が多量の陶土が採れる本郷に、城の屋根瓦を葺く職人を播磨国(現 兵庫県)から招いたことに由来。後の1647(正保4)年、保科正之により尾張国(現 愛知県)瀬戸の陶工、水野源左衛門兄弟が招かれ、会津の冬の寒さに耐える赤瓦が開発され焼瓦産業が進展。以後、藩用窯となった。1800年には有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝え現在の原型が完成。。例年9月16日には焼物産業先駆者の功績をたたえる陶祖祭が執り行われる。また8月第1日曜日には盛大な“会津本郷せと市”が開催され多くの人で賑わう。

◎宗像窯(むなかたがま)
1719(享保4)年創業。東北最古の登り窯を持つ老舗。地元の白鳳山で採れる鉄分や砂を多く含む少し荒目の的場陶土を使用し、素焼きをせず直接生地に釉薬掛けする全国でも稀な“生がけ焼成”で知られる。代々受け継がれてきた飴色に輝く飴釉(あめゆう)や白色を基本とした白釉(しろゆう)の釉薬が基本となる作品は、土味を感じる風合いとなり茶器との相性も良い。2005(平成17)年には8代目が当主を継承。近年は国内外における個展や、東大寺に抹茶碗を奉納するなど、茶陶の美を備えた作品造りにも意欲的に取り組んでいる。
住所/福島県大沼郡会津美里町本郷上甲3115
TEL/0242-56-2174
営業時間/9:00〜17:00
定休日/不定休 (1〜3月は水曜日)
駐車/有
29宗像窯09.JPG21宗像窯01.JPG22宗像窯03.JPG

・鰊鉢(にしんばち)
会津の郷土料理で保存食の、鰊の山椒漬けをつくる箱型の素朴な民藝陶器で、1958(昭和33)年にブリュッセルの万国博覧会でグランプリを受賞。伝統の飴釉をかけ、単純な構成の中に会津の風土が刻みこまれた力強さと美しさは、民藝運動で知られる濱田庄司や河井寛次郎が、用の美として激賞した会津粗物(粗物/日用雑器)の代表格。
27宗像窯02にしん鉢.JPG

・登り窯
全長約20m、幅約5m、山の傾斜を利用して7つの窯が連なる江戸中期の伝統的な薪窯。2011年の東日本大震災により被害を受けたが2013年に修復。焼成時に二酸化炭素をほとんど排出しないことから、近年、地球環境への意識が高まる中、再び注目を浴びている。町指定文化財。
31登り窯02.JPG

■龍谷山 常勝寺
会津美里町本郷にある浄土真宗本願寺派の寺院。境内には本郷焼の陶祖である水野源左衛門と磁祖の佐藤伊兵衛を追慕し、1880(明治13)年、有志によって建てられた陶祖廟がある。毎年9月16日には会津本郷焼の陶祖の供養を行う陶祖祭が開催され、陶祖廟が公開される。
住所/福島県大沼郡会津美里町本郷上3110
TEL/0242-56-2389
34常勝寺01.JPG

◎流紋焼
会津本郷焼の中で最も規模の大きな窯元。本郷地域の中心地からは少し離れているものの陶芸体験専用のスペースもある広い工房では、陶石を砕くところから始まる工場見学ができる。流紋焼は1902(明治35)年から、電線を絶縁する器具である磁器の碍子(がいし)を作陶してきた伝統窯。磁器は絶縁性能、野外での耐候性に優れ、碍子として最も広く使われている。窯ではこの他にも伝統的な作品や、名入れ瓦灯といったオリジナル作品など、本郷焼最大の窯元ならではのユニークな作品が揃う。
住所/福島県大沼郡会津美里町川原町1933 
TEL/0242-56-2221
営業時間/8:30から16:40
定休日/不定休(ほぼ無休)
駐車場/有

◆工房探訪(所要時間約20分)
料金/無料
開館時間/8:30〜16:40
定休日/無休

◆陶芸体験 ※当日受付可能
・ロクロ(個人〜少人数グループ/10人程度まで)
  料金 1kg/2,500円(税別・送料別)
  ロクロ使用料/500円(税別・送料別)
・手びねり
  料金 500g/1,000円〜(税別・送料別)
  所要時間/約50分
  収容人数/250人まで
・絵付け
  料金 600円(税別)〜
  所要時間/約30分
  収容人数/300人まで
※その他、陶芸教室料金および送料等についてはお問い合わせください
53流紋焼17.JPG43流紋焼15.JPG45流紋焼14.JPG

◎富三窯(とみぞうがま)
1872(明治5)年、開窯。四代目が日本原産の花椿をモチーフにし、染付の技術技法とともに会津焼の伝統を現代に生かすデザインを創案。全国にファンを持つ“椿の富三”と呼ばれる鮮烈なこの赤は、1300℃の高温による。窯では歴代の当主の作品や資料をはじめ、明治から昭和にかけ、交流を深めた文画俳人の遺作資料も数多く残され、ギャラリーを兼ねた磁陶館で見ることができる。陶芸の窯では珍しく、長く愛用して欲しいとの願いから陶磁器が割れたり欠けた際、金継ぎをしてくれる。
住所/福島県大沼郡会津美里町新町176
TEL/0242-56-3033
営業時間/8:00〜18:00
定休日/不定休
駐車場/有
※手びねり・絵付け体験については要予約
68富三窯19.JPG63富三窯14.JPG56富三窯03.JPG

◎樹ノ音工房(きのおとこうぼう)
本郷の窯元に生まれ育った陶工が、2001年に夫婦で独立して開窯。“樹ノ音”の名は2人の名前からそれぞれ一文字をとって命名。鉄釉と白釉に“しのぎ”と呼ばれるラインのモダンな器や、粉引き地に温かみのある色彩で描いた植物等のデザインが女性に人気の窯元。工房から歩いてすぐの場所に明治時代の古い蔵を改装したカフェギャラリー「cafe yuinoba(カフェ ユイノバ)」も運営している。
住所/会津美里町字瀬戸町3272-1
TEL/0242-56-5098
営業時間/8:00〜18:00
定休日/不定休
駐車場/有

◆陶芸体験 ※当日受付可能
・手びねり
  料金 500g/1,000円〜(税込・送料別)
  所要時間/約30〜60分
・絵付け ※15cmの白地皿一枚分
  800円(税込・送料別)
  所要時間/約10分〜
※その他、電動ロクロによるロクロ体験教室有り
80樹ノ音工房13.JPG79樹ノ音工房10.JPG73樹ノ音工房03.JPG

★「cafe yuinoba(カフェ ユイノバ)」
樹ノ音工房が運営しているカフェギャラリー。工房から歩いて約1分。

住所/会津美里町字瀬戸町甲3182-5
TEL/0242-56-5098
営業時間/10:00〜17:00
定休日/土日・祝祭日のみ営業
駐車場/有
81樹ノ音工房15Yuinoba.JPG

■会津美里町インフォメーションセンター
本郷地区の中心にある観光案内所。2Fは町有形文化財に指定されている“鬼瓦”をはじめ、約370年の歴史を誇る会津本郷焼の資料や古い陶磁器を無料で見学できる「会津本郷焼資料展示室」になっている。敷地内には本郷地区の町歩きに便利な無料駐車場がある。
住所/福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3161-1 
TEL/0242-56-4637
営業時間/8:45〜17:45
定休日・休館日/毎週火曜(祝祭日の場合は翌日振替)
駐車場/有
82会津美里町インフォメーションセンター.JPG82本郷焼資料館01.JPG

■窯の美里 いわたて
会津美里町インフォメーションセンターに隣接した物産館。地元の特産品や本郷焼の商品を販売。
住所/福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3162
TEL/0242-56-5181
営業時間/9:00〜17:00
定休日/無休(4〜11月) 毎週火曜日(12〜3月)
89いわたて01.JPG

■伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)
旧国幣中社・岩代一之宮・名神大社と、県内外の人々から親しまれる会津の総鎮守。社伝によれば、崇神天皇(第10代)の御代、北陸道・東海道を平定した大毘古命、建沼河別命父子が会津の地で行き合い、国家鎮護のために国土開拓の祖神である伊弉諾尊と伊弉冉尊を奉斎したことが創祀とされる。1899(明治32)年に造営された主要社殿は2008(平成20)年の火災で焼失。現在は拝殿跡に仮社殿が創建されており、2014(平成26)年から再建工事が始まっている。境内には消失を免れた天海大僧正御手植の檜や「薄墨桜」、菅原道真公を祀る「菅原神社」などがある。また周囲には150種類10万株のあやめが咲き誇る「あやめ苑」や桜名所も隣接し、春夏秋冬、多くの人々が訪れる。
住所/福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377
TEL/:0242-54-5050
駐車場/有
03伊佐須美神社03.JPG02伊佐須美神社02.JPG

◎薄墨桜(うすずみざくら)
伊佐須美神社の神門を入った内庭にある桜。ご遷座以来の御神木とされ、また会津五桜の第一にも数えられている。その名の通り薄墨色を含んだ白色で、咲き終わりには中心から濃紅色になり独特の香りを放つ。傍らには松平容保公の歌「世の人の心や深く、染めぬらん うすずみ桜 あかぬ色香に」の歌碑も建っている。
05伊佐須美神社05薄墨桜.JPG

◎あやめ苑
伊佐須美神社の鳥居の前にあり、150種、10万株もの規模を誇る東北一のあやめ苑。毎年6月中旬から7月上旬まで「あやめ祭り」が盛大に開催される。無料で開放された回遊式庭園内には桜も植樹され、散歩する人々の憩いの場にもなっている。
住所/福島県大沼郡会津美里町宮林
TEL/0242-54-5050(伊佐須美神社)
     0242-56-4882(会津美里町観光協会)
入園料/無料
開園時間/常時開放
駐車場/有

■肉の丸長本店
JR只見線新鶴駅前で昔から愛される、国産の桜肉が評判の名店。食堂と肉屋が併設しているため新鮮な肉が味わえる。店一番のおすすめは、火を通さなくても食べられる会津美里町のソウルフード、桜ホルモン。極上の桜刺し身や桜カルビ、好きな肉が選べる焼肉定食(桜ホルモン、桜カルビ、牛バラ、牛シマチョウ、豚焼肉から好きなものを2種類選んで900円。3種類の場合は1,000円)も自慢の一品。定食には自家栽培の米のご飯とお吸い物、漬け物、お通しが付く。
住所/福島県大沼郡会津美里町立石田字古宮前甲423−4
TEL/0242-78-2945
営業時間/9:00~19:30
定休日/月曜 ※祝日の場合は営業
駐車場/有
95丸長本店07.JPG91丸長本店01.JPG92丸長本店05.JPG




posted by aizuaruku at 21:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする